『嵐』記者会見にみる五行の特性

2日間「嵐」活動休止に伴う認定講師お2人による氣質診断をブログにあげさせていただきましたが、
グループでの会見を見ていると、各氣質の違いがコメントに出ていると感じました。

例えば、
・大野君から話を聞いたときに、相葉君は「のけぞった」と体で反応したところは素直に反応する「金」で、「嵐として活動をなんとか継続できないか、ということを考えた」ところは常に周囲に目を配って落としどころを考える女性氣質の「宝石」さんらしいと感じました。
・松本君、同じ金でも男性氣質の「剣」さんなので、かつて自分も「嵐」の活動のやめ時を考えたことがあったというようなコメントで、枠の中で自分が輝くことに不便さを「剣」さんは感じていたのかも知れないと思いました。
・二宮君の「全員そろって『嵐』だから」というところ、そしてあるレポーターからの質問で「大野君が悪者になって」といった質問に対して「そう思わせているとしたら自分たちの力不足」といったコメントは、情愛深く、仲間外れになる人がいず「みんなで楽しく」の利他の火の男性氣質の「太陽」さんらしいコメントでした。

そして一番「らしいな」と思ったのが「土」の男性氣質の櫻井君のコメント:
・大野君からのメッセージをみて「これは相談ではなくて、ある程度決まったことなんだろうな、と感じた」
・全員の落としどころを見つけていくのは自分の役割だと思った

五行の真ん中にいて「要」としての土の男性氣質の「山」さん。

丁度、あの会見の前日に「山」の氣質診断士さんと話をしていて、その方が「何となくですけど、働くイメージと合わせて、この人が何を求めてるかも分かるんですよ。言いたいこともそうですが、働く上で求めてるかも事というかもわかります」と言われていたこととかぶりました。

通常から自然とリーダーシップを取ってグループをまとめる役目を担う事の多い「山」さんが本気モードに入ったように感じました。

「嵐」グループ全体でみると木のないグループなので、20年間のグループ活動の中で「どこに向かっていくのか」をグループで考えるようなチャレンジも一杯あった事と思います。その度に、しっかりグループ全員で話し合い、皆が納得するグループの方向性を見極めて進んでこれたんですね。

こんな素敵なグループですから、他のメンバーの方たちが言われたように「リーダーが同じ方向性を向いてくれた時」にまた嵐の活動が再開されることはあるのだろうと改めて感じた記者会見でした。

氣質診断は個々の人の中のエネルギー循環バランスを見れるだけでなく、ご家族や会社の中の人同士の関係性やグループ内のバランスも見ることが出来ます。

ご興味をお持ちの方は、まずは氣質診断を体験されませんか?

お申し込み:
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://vtckishitsu.thebase.in/

明日、1月31日までに協会のLine@にご登録いただくと、10%OFFのクーポンをGETいただけます。
クーポンは3月一杯協会主催の勉強会や講座受講の際にお使いいただきます。
LINE@登録は以下のURLから
???
https://line.me/R/ti/p/%40xcf4541h

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です