色でバランスを整える

氣質は陰陽五行の組み合わせで10個のキャラクターがありますが
個人の中の五行のバランスを見ると、より深く特徴が浮かび上がります。
これを6つの星のバランスと呼んでいます。

五行の要素(木・火・土・金・水)が全て揃っている人は珍しく
ない氣質があると、どうしたらいいですか?と聞かれます。

でも大丈夫!
足りない氣質の色でバランスを整える方法があります。

先日出店したイベントで、カルトナージュで壁掛け時計を作る前に
氣質診断に来られた女性は、火が多いキャンドルさん。
ピンクのワンピースがとてもお似合いでした。

普段からピンクの洋服ばかり着ていると言われていました。
パーソナル診断でバランスを見ると、木と金がない方でした。

掛け時計の色を選ぶなら、木の氣質の青か緑。
金の氣質の白・金・銀はすでに身に着けていたので
そうアドバイスをさせて頂きました。

今まで青や緑はほとんど選ばないと言われていましたが、
きれいな水色の掛け時計ができて喜ばれていました。

氣質を身近に使って、ご自身のバランスを整えてくださいね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です