色でバランスを整える

先日参加した中国の易経の偉い先生のセミナーでも、
中国の古書には「色」に関しての記載が多く
大切な意味があると話されていました。

周の時代の皇帝は、月ごとに乗る馬車や馬の色、
馬車の飾りの色や何色の服を着用するか
冠飾の色まで詳しく決められていて、
今も規範になっているそうです。

易経の中の一つである陰陽五行思想を
現代にアレンジしてお伝えしている当協会の
五行の色はこんな感じです。

五行の全てを持って生まれたくる人は稀です。
どこか足りなくても、今日までちゃんと生きてこられているなら
足りないところを補えば、今よりもっとスムーズに進むはずです。

今月、お仕事を一緒にさせていただく
カルトナージュ作家の田淵久美子先生も
「カラーでバランスを整えて上手く行くなら
やってみようかなと思うんです」と言われていました。

久美子先生のカルトナージュ作品のファンになり
今ではレッスンに通う生徒さんが沢山いますが
実は以前は、自分で作る方が好きだったそうです。

ところが、カルトナージュ作りを教えたいなと
思い始めたころから、それまでピンクが好きだったのに
なぜか青や緑の服を選ぶようになりました。

氣質診断を受けたところ、水が育てる「木」の色で
ご自身にない氣質の色だったことが分かり、
驚かれていました。

実際に青や緑を意識的に取り入れるようになってから
スクールの仕事も順調に廻りだしたようで
もの凄く納得しました!と言われています。

色でバランスを整えることでエネルギーの循環がよくなり
物事がうまく進む=運気があがるという知恵を
皆さんにも是非うまく使っていただきたいと思います。

色に関する記事はこちらも

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です